雨宿りの出会い

ここ数年の猛暑でお馴染みになっているゲリラ豪雨。突然空が真っ暗になったかと思うと先も見えない程の大粒の雨が降り注ぎます。雨はネガティブな気持ちににさせますが、素敵な出会いを運んで来てくれることもあるのです。
そんな雨にまつわる出会いを今日はお届けします。


テレビでは今日の最高気温が36度まで上がることと熱中症に注意することを何度も呼びかけてるある日。
出かけることに少し憂鬱になりながら彼女は身支度を整えていました。日差しを避けながら用事を済ませ、お気に入りのカフェに入ります。彼女は片思いを続けて半年の人が居ました、名前も年齢も知らない人。いわゆる一目惚れの出会いでした。
「このカフェで偶然会ったりしないよなぁ。。」独り言とも誰かに話しかけてるともいえない吐息まじりの言葉をアイスティーとともに飲み干します。

お会計を済ませ、お店を出た時に急に空が真っ暗に。またたく間にゲリラ豪雨になってしまいます。カフェに戻ることを躊躇した彼女は、雨宿りのために向かいのシャッターが閉まっているお店のお店先に走り出します。20分経っても降り止まない雨。途方に暮れているその時、雨の中から一人の男性が走って来ました。ずぶ濡れになったその人と目が合った時、彼女はハッと驚きます。そう、片思いの彼だったのです。さっきの自分の独り言が今現実の出会いになっていることに恥ずかしくなってしまい思わず目を伏せます。

「ここで何か話さなきゃ」と意を決した彼女は「これ良かったら」とハンカチを彼に差し出します。
笑顔で受け取った彼と会話が弾みます。「このまま降り止まないで」と心で願いながら彼女と彼の雨宿りの出会いは続きます。

雨宿りが願いを叶えてくれる出会い。
偶然が必然に変わる瞬間、そんな出会いは長続きするのかもしれません。



出会い体験談・テクニックを大募集!

[contact_form]