社会人の出会い

「社会人の出会いの事情」
社会人同士の出会いは難しいという意見をよく聞きます。

たしかに、普通の会社に勤めるとなると、学生の頃よりは出会える時間が少なくなるのが一般的です。

たとえば、六本木や渋谷などのクラブが密集している駅から徒歩、あるいはチャリで帰れる沿線の距離に住んでいるのならば出会いはカンタンです。

仕事のあとにカジュアルファッションに着替えて、終電後のクラブで踊って、気になる人に出会えるし、出会って適当にメアド交換して、飽きたらチャリに乗って帰れば良いだけです。

阿佐ケ谷、高円寺あたりは、バンドマンやクリエイターが朝まで安く遊べる飲み屋が充実しているので、酒をおごって乱入すればオールOKです。

夕食後フラリと出かけて、眠るギリギリまで遊んでいられる場所に積極的に遊びに行ける沿線で暮らしているのならば、出会いはそれほど困難ではありませんし、むしろ学生時代より金銭的な余裕があるぶん出会える人の幅も増えるので楽しいのですが、転勤で郊外都市や地方都市に行ってしまった場合、23区との最大の違いとして

「昼間の遊び場には困らないけど、終電後の遊び場がほぼ皆無」
という現実に驚くことかと思います。

人口数十万の政令都市でさえ、ナンパスポットがゲーセンかダーツくらいしかないエリアが平気であったりするので、地方勤務で出会えるようにするには、まずダーツの練習をオススメします。

社会人の出会いがないと嘆くより、外へ出て出会いの一歩を踏み出してみませんか。



出会い体験談・テクニックを大募集!

[contact_form]