出会い系詐欺に合わないようにするには

出会い系を利用しているとやり取りしている相手が実は同性(男性)だったり、業者さんがやり取りをしていていざ会うとなると別の女性が出てきた。という事例があります。その中でも出会い系詐欺は事件に発展することもあるので注意が必要です。

出会い系詐欺は大まかに二つに別れます。ひとつは出会い系サイト自体が出会い系詐欺に近いことを行っている場合とやり取りをしている相手が出会い系詐欺を行おうとしている場合です。

前者に関しては、まず注意したいのが大手でかつ老舗の出会い系サイトを利用することで回避することが出来ます。街頭で広告を出していたり、運営期間が長く監視もしっかりしている老舗の出会い系サイトであれば心配することはあまりありません。

後者に関してはちょっとやっかいでいわゆる美人局(つつもたせ)と呼ばれる形式での出会い系詐欺が多い事例だと思います。(そもそも相手がネカマなパターンで待ち合わせしたら脅された例もあります。)

美人局(つつもたせ)とは(wikipediaより引用)

出会い系サイトやツーショットダイヤルなどで知り合った女に部屋に誘われ衣服を脱ぎ、いざ性行為などを行おうとしたときに女の仲間の男が登場して「おれの女に何をする」というのが典型的なパターンである。

このように後ろめたさをついてくることが多いですから、くれぐれも出会い系を利用する際に気をつけることが大事です。メールでやり取りする中で相手に感情も移っていきますが、うまくいく出会いは時間をかけても続きますから気になったお相手には時間をかけて話すのがおススメです。怖がりすぎてもいい出会いにはめぐり合えませんよ。

以上のことを注意しつつ、出会いのチャンスをものにしてくださいね。

出会い体験談・テクニックを大募集!

[contact_form]